日本人には仮性包茎は多い!包茎を治したい理由などを徹底紹介

日本人の男性器が包茎である確率は高く、その約7割が仮性包茎と言われています。
過半数以上もの男性が仮性包茎であるにもかかわらず、男性器に関して悩んでいる男性は少なくありません。
カントン包茎とは違い勃起時に痛みが生じず、真性包茎のように剥けなくて困るといった事態もないです。
そうした事情を踏まえても、大きな悩み・コンプレックスを抱える男性は存在します。
ここでは包茎の男性が抱える悩み、治療したいと思っている理由を外見について、そして性行為において生じる問題および衛生面といった3つの観点から紹介していきます。

外見による理由・コンプレックス

仮性包茎を治したい理由に、ペニスの見た目を挙げる男性は多いです。
真性包茎とは異なり自分の手で剥くことが出来るため、大衆浴場に入る際にあらかじめ剥いておくという方は少なくありません。
皮を被っている状態を見られたくない、という心理が働くからでしょう。

この理由に、成人男性のペニスは剥けていて子どものペニスは皮を被っているというイメージが先行していることが挙げられます。
日本人男性のおよそ7割が包茎という情報が広まった現代でも、このイメージは根強く残っている印象です。
海外の男性に剥けている印象が強いからこそ、広まっている可能性があります。
しかしアメリカの男性は慣習によって、包茎手術を受けているため仮性包茎が少ない傾向にあることを知らない人が多いのもまた事実です。

包茎の場合、実際の大きさよりも小さく見えるというイメージが流布している点も見逃せません。
亀頭が包皮で覆われていると、締め付ける状態となるため小さく見えないこともないです。
ペニスが小さく見えることが、コンプレックスに感じている男性は少なくないです。

また包茎がペニスの発育を邪魔していることも、コンプレックスとなっている場合もあります。
亀頭が成長しないと、こちらも小さい印象になるからでしょう。

性行為の際の不安・不満の理由

包茎によって生じる、性行為の際の不安や不都合な面も治療したい理由の候補になりがちです。
特に仮性包茎の場合、早漏になりがちであるため性行為に不安・不満を抱く方は多いです。
亀頭は平常時には包皮に覆われており、その時間が長いと刺激に弱い傾向にあります。
そのため性行為の際の強い刺激に耐え切れず、早漏になるというメカニズムです。

早漏であるため、性行為に自信を持てなくなってしまう男性も多いです。
パートナーを満足させられているか不安になったり、長く楽しめなくて不満に思ったりなどそれが原因で性行為はおろか恋愛に対しても消極的になるケースもあります。

包皮が余っている状態であるため、女性器へと与える刺激が少なくなる点も不安を覚えさせる要素の1つです。
亀頭によって生み出す、膣壁に対しての刺激が減少する点も理由として挙げられます。

刺激に強いペニスになりたい、勃起状態が長く続くようになりたい方は包茎手術は1つの選択肢となりえます。
手術によって包皮の余剰部分が切除され、亀頭が常に露出される状態になるため最初の頃は刺激に弱いです。
しかし手術後に常に亀頭を露出しつづける状態になったことにより、改善されるというケースは多々あります。

衛生面・疾患による理由

包茎によって、包皮の内側が不衛生になりがちという点も治療を希望する理由の1つに挙げられます。
包皮が余っていることにより、平常時は亀頭が露出しません。
そのため日々のケアを怠ってしまうと、包皮の内側に汚れが溜まりやすくなります。
股間の部分は特に温度と湿気が上がりやすく、雑菌が溜まりやすい箇所です。
汚れが溜まると次第に雑菌が発生し、悪臭が立ち込めるようになります。

こういった状態を放置すれば、包皮炎や亀頭炎といった症状が発生しやすいです。
また不衛生にしてしまうと尿道炎、膀胱炎・腎盂腎炎と膀胱炎といった症状も発症しやすくなるため注意が必要です。
加えて包茎の男性は、そうでない男性に比べて亀頭の粘膜が弱い傾向にあります。
そのため粘膜感染のリスクが通常よりも高く、性病にも罹患しやすいというデメリットも存在します。
不衛生な状態になりがちな包茎の方は陰茎癌を発症する確率が高いという情報もあり、不安に思う男性も多いです。

その他にも包茎によって不衛生になりがちな男性は、性行為においてのパートナーへ負担を掛けるリスクも否定できません。
不衛生な状態で性行為におよんだ場合、相手の女性が膣炎を発症する可能性もあります。

まとめ

日本人の男性のうちおよそ7割が仮性包茎であるとは言え、多くの男性が悩みを抱えています。
包茎の治療を検討する理由としては外見上に関してのコンプレックス、早漏など性行為に関わる悩みと衛生面における問題といった3つの理由が主に挙げられます。
男性の中では多数派である上に健康的に緊迫した問題がないものの、自分に自信が持てなかったり恋愛や性行為において積極的になれなかったりなど、精神的な負担があるのであれば治療を受けることも選択肢に入れて良いでしょう。
親身になって相談に乗ってくれるクリニックを探して、治療を検討してみることをおすすめします。